わろてんか 動画 135話 見逃し配信 再放送 Dailymotion 9tsu miomio Pandora

スポーツの試合の放送時間が延長してしまったり、録画を忘れて ついつい見逃してしまった人も多いですよね。

そこで今回は、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴する方法をご紹介していこうと思います!

※なお、本ページの情報は2018年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

わろてんか 動画 135話 見逃し配信 再放送 Dailymotion 9tsu miomio Pandora

【YouTube】

【Dailymotion】

 

※動画が既に削除されてしまっている場合

上記のように、DailymotionやYouTubeのURLをご紹介していますが既に削除されているかもしれません。

なので、削除されている場合は以下の方法の動画を視聴していきましょう。

ドラマ『わろてんか』~Pandora、Dailymotion(デイリーモーション)などで動画が削除されていた場合

それでは、まずはドラマ『わろてんか』の第1話~最終回までの動画の見逃し配信を視聴する方法をご紹介しておきますね。

もし、上記リンク先で既に動画が削除されているのであれば、あとはU-NEXTで動画を視聴をすることが可能になります。

順序としては、

  1. U-NEXTに登録(お試し期間:31日間)
  2. ドラマ『わろてんか』の動画を視聴
  3. お試し期間中(31日以内)に解約

このようにすれば、動画を視聴できますし、31日以内に解約すれば登録料などお金はかかりませんのでオススメです。

まあ、これはドラマ『わろてんか』に限らずなんですが、TBS系列のドラマは、U-NEXTから最新話が随時配信開始になります。

月額利用料もリーズナブルですし、すぐに解約することもできるし、気に入った場合は継続できるのがU-NEXTの良いところですね!

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの登録はこのリンクから

U-NEXT

ドラマ『わろてんか』 第135話の内容

伊能(高橋一生)が社長を辞任し、てん(葵わかな)たちに何も告げず伊能商会を去ったことを知って、てんは大きなショックを受ける。何としても映画制作を続けたい伊能は、東京まで行って新しいパートナーを探すが見つからず、落胆して戻って来た。北村笑店で映画を作ろうと考えたてんと風太(濱田岳)は、映画部設立に力を貸して欲しいと伊能を誘うが断られてしまう。てんは映画への伊能に情熱を取り戻してほしいと懸命に訴える。

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの登録はこのリンクから

U-NEXT

ドラマ『わろてんか』に寄せられた感想・評価

 

ドラマ『わろてんか』の感想についてまとめてきました・・・もうすぐ最終回ですが、未だに盛り上がりは衰えていないようですね!

 

また、見逃し配信を視聴する際はU-NEXTなどの公式の動画配信サービスを有効活用している人も、やはり多いみたいですね・・・PandoraやDailymotionの動画とかって広告がウザいですし、もう少しマイナーな動画サイトとかは、再生ボタンをクリックすると変な広告が流れてきて、パソコンがウイルスに感染するという話も聞きます。

 

安心してドラマ『わろてんか』の動画を視聴したいならU-NEXTがオススメですよ!

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの登録はこのリンクから

U-NEXT

 

 

参考文章

第9話も大門未知子が患者さんのために一直線に突き進む姿が格好良かったです。手術を実現するために自ら町工場まで出向いて技術者を説得して骨のネジを作らせるなんて、未知子が手術にかける想いの強さが伝わってきました。また、未知子の周囲の医師が、権力に屈して患者さんを二の次三の次にする姿勢に疑問を持ち、異議を唱えるシーンも良かったです。未知子のように、患者さんのことを大切に考えて手術に臨む医師が増えれば、東帝大学病院の権力指向の体質も改善され、先行きが明るいのではないかと思います。また、今回、未知子の手術を受けたバレリーナを目指す少女は、最終的にバレエ選考会では落ちてしまいましたが、これからも大好きなバレエと向き合い、続けていくというラストも心が温かくなりました。
まずはショッピング中に倒れてしまった大門未知子の病状が気になります。何の病気で、治る見込みはあるのか?未知子は医師を続けられるのか?といったことがいちばん気になります。次に、日本医師倶楽部の内神田景信もステージ4の食道ガンに侵されており、おそらく未知子が執刀することで助かるのではないでしょうか。それによって、神原名医紹介所の閉鎖も免れるのではないでしょうか。また、神原晶は内神田と何らかの因縁があるようですが、それについても最終回で詳しく語られるのではないかとワクワクしています。内神田といえば、東帝大学病院の若手医師で実の息子でもある西山直之との関係も気になります。権力を極めた父と、未知子を尊敬し権力には全く興味のない息子。この二人の関係にも最終回で何らかの展開が見られるのではないかと思います。

 

 

参考文章

いつも、内蔵系のオペなので、足の手術は珍しいです。
大門未知子は、最短の方法を考えました。
自分の骨でボルトを作るという、何とも言えない発想です。
自分の骨なので、いずれ一体化するので、影響はなくなります。
オペも一回で済むので、負担もかかりません。
上神田会長は圧力をかけて、大門未知子のオペを反対させましたが、所長のおかげで、何とかなりました。
上神田会長は、自分の死を悟っているので、生きてるうちに、息子に継いでもらいたい気持ちだと思います。
町工場のネジ工を当たり、おじさんを見つけ出しました。
日本人は、手先が器用なので材質が違う骨をボルトに造り変えました。
後は、大門未知子に任せれば大丈夫です。
おじさんのファインプレーでした。
最後に大門未知子が、倒れてしまいました。疲れが溜まっていたのだと思います。
自分がオペされるのは、多分、相当怖いと思います。
現時点では、自分よりも優秀な医師はいないので、恐怖感で、いっぱいです。
ステージ4の写真は、上神田会長のものだと思いますが、大門未知子じゃないと治せません。
しかし、大門未知子が倒れてしまったので、オペが出来ません。
大門未知子が軽い病気なら、復帰できますが、上神田会長のオペが最後のオペになりそうな気がします。
大門未知子も癌のような気がします。
シリーズが続くように、死んでほしくないです。
出世ばかり考えている部長たちに、病院の明るい未来はないと思います。
誰か?治せる人が現れればいいのですが。